素早く複製する

男性とパソコン

CDデュプリケーターは、CDをまるごとコピーすることができる機器のことです。このようなCDコピーは、書き込みできる光ドライブが使える普通のパソコンで、それようのソフトを使うとできますが、速度の点などでCDデュプリケーターの方が上です。 機器としてのCDデュプリケーターは、コピー元1台に対して、コピー先が何台もあるのが一般的です。もちろん1対1もありますが、コピー先は、3台から10台くらいが多いようです。 CDデュプリケーターの価格は、1対1のもので1万円台から、1対10では、6万円から10万円以上のものまであります。ただし、CDのみというものはあまりなく、DVDやブルーレイも兼ねているものがほとんどです。

CDデュプリケーターは、会社などの宣伝用のCDを作るためなど、同じ内容のCDをたくさん作りたいという要請から登場しました。パソコンなとの光ドライブでもCDコピーはできますが、1度に1枚しかできないことや書き込み速度が遅いなど、大量のコピーをする時には不利です。 CDデュプリケーターには、手動でCDをセットするものと自動で行うものがあります。たとえ手動式でもコピー先が複数台あると時間が節約できますし、自動式ならばなおさらです。 なお、CDのようなデジタル媒体は、著作権法のからみがあります。そのためコピーガード付きのCDなどは、CDデュプリケーターでコピーできない仕様になっているのが普通です。また、これらのCDを無理にコピーしますと違法になります。